News ニュース

昭和から平成へ 空から見る鉄道変遷「空鉄今昔」 好評発売中!

2016.01.26

BOOK

スマホやタブレットの普及によって、プライベートでパソコンを使う時間が激減した人が多い。それでもPCを必要とするユーザーが求めるのは、薄く、小さく、そしてデザインと機能性を両立したカジュアルに付き合えるモデル。2015年上半期はそんなパソコンが注目された。パソコン以外では、アップルウォッチの発売によってウェアラブル端末が注目され、サムスンからはいち早くVR映像を楽しむガジェットも発売されたオヤジが知っておくべきブレイクガールNo.1、園子温監督が抜擢した”エスパー”、池田エライザってどんなコ!?オヤジが知っておくべきブレイクガールNo.1、園子温監督が抜擢した”エスパー”、池田エライザってどんなコ!?

 

すべてをリセットして未来を描く。
それが僕の生き方。
現在、ガンバ大阪のキャプテンを務め、「国際Aマッチ出場数最多記録保持者」「東アジア最多出場記録」「2014年JリーグMVP」など、数々の記録をもつサッカー選手・遠藤保仁が、新たな書籍『白紙からの選択』を発売する。
「やりたくなかったら、やらない」「緊張することがない」「焦ることがない」「楽して勝ちたい」など、
たびたび発するノンストイックな言葉やその雰囲気に、人々は彼を“マイペース”だと言う。
プロとして17年、日本代表として12年、活躍し続けることができたのは、その“マイペース”さがあったから。
遠藤保仁が、遠藤保仁らしく歩んできたからこその結果なのだ。
現在35歳、現役。
サッカー選手として、一人の男として、父親・夫として……。
35年の人生を振り返りながら、その時々で思い、感じたことを語り下した。
1983⇒2015 年
新旧対比!空撮で迫る鉄道絶景

花井健朗氏の昭和末期から平成初期にかけての鉄道空撮 写真と、現在の鉄道空撮写真を撮り続けている吉永陽一 氏の写真を比較して徹底紹介。今と昔では大きく変わっ てしまった車両基地や駅などを空から眺めるので一目瞭 然です。巻末には花井氏と吉永氏の鉄道対談も掲載する など、読み物としても楽しい、鉄道ファン必見の一冊です。
インタナショナル








jインタインターナショナルインタイン代表への思い、引退後の未来、監督という選択

【著者紹介】

花井健朗(はない・たけお)

1959 年、愛知県豊橋市生まれ。広告代理店のアシスタント・カメラマン、空撮会社勤務を経てフリーランス・カメラマンに。鉄道以外にも艦船や航空機などに撮影フィールドを持つ。JRPS、JAAP、三八クラブ会員。

吉永陽一(よしなが・よういち)

1977 年、東京都渋谷区生まれ。建築模型会社に勤務後、空撮会社にフリーランス・カメラマンとして契約し、空撮のキャリアを積む。2011 年に初個展「空鉄」開催。JRPS 会員。

 

「FBI AWAJI」
住 所 :兵庫県洲本市五色町鳥飼浦2359 
電話番号:0799-34-0900◎遠藤保仁からメッセージ
   僕がこの本を通じて一番伝えたいことは、〝自分らしく〟でいいんだってことです。よく「マイペース」って言われるけど、僕だけじゃなくて、皆さんも「マイペース」ですよね? 辛いことは続かないし、嫌なことはやりたくない。それでいいんじゃないかなって思うんです。そりゃ、無理しなきゃいけない時もあるし、そこは努力しなきゃいけないですけど……。

【概要】  

◆発売日:2016年1月21日

◆定価:本体2000円(税別)

◆B5判 128ページ

◆ 発行 講談社

お求めはお近くの書店または下記リンクよりお願いします。

http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062199049
 

 

 

関連記事